デイサービス 派遣 時給

デイサービスの派遣で時給が高い所を簡単に探す方法

 

デイケア介護福祉士

 

デイケア介護時給

 

デイケア介護高時給

 

デイケア介護夜勤なし

 

デイケア求人

 

デイケア求人条件

 

デイケア介護士面接

 

デイケア仕事探し

 

介護福祉士デイサービス

 

デイケアやデイサービスを受ける高齢者が増えています。
多くの都市でデイケアやデイサービスを行う介護施設が増えており利用者も増えています。

 

それに反して、介護施設の職員は人手が足りなくなっています。

 

介護系の資格を持つ人や研修を受けた人は、介護現場ではありがたい存在です。

 

例えばホームヘルパー1級、2級や介護職員基礎研修を受けた方、介護福祉士・介護職員実務者研修・介護職員初任者研修を受けた方は介護の現場では引く手あまたでしょう。

 

しかし自分の希望の条件にピッタリの職場を自力で探すのは簡単ではありません。
それは介護施設からの求人の条件しかない、一方通行の就職活動だからです。

 

 

希望の職場が見つからない方には「きらケア派遣」がオススメです。

 

きらケア派遣は他の派遣会社と違って、介護業界だけを扱う派遣会社です。

 

日本は少子高齢化で介護施設が多くなり、介護の現場での人手不足が問題となっています。
介護施設はそれぞれで求人募集を行いますが、応募がゼロ・面接ドタキャン・すぐに離職など上手くいかない所も多いです。

 

そのため介護業界に特化した派遣会社は大変重宝されます。
きらケア派遣は求人のある介護施設と働きたい方の条件をコンサルタントがマッチングさせてつなぐのです。

 

きらケア派遣では介護施設から直接依頼される非公開求人も多く扱っていますが、非公開求人は誰にでも紹介できるわけではありません。

 

非公開求人には時給の高いものも多くあるため、介護の資格を持つ方や研修を受けた方、これから介護の資格を真剣に取りたいという方など、きちんと介護の仕事をしてくださる方でないとならないのです。

 

非公開求人を見るにはきらケア派遣への登録が必要です。
登録すると非公開求人を見たり、自分の希望の働き方をコンサルタントに相談したりと自分1人で仕事を探すよりも質の高い就職活動をすることができます。

 

きらケア派遣についてもっと知りたい方は、こちらの詳細をご覧ください。

 

介護福祉士募集

 

 

介護業界の現状と今後

 

少子高齢化の日本では「保育施設」よりも「介護施設」のほうが沢山作られている印象があります。
それだけ多くの利用者が想定され、これからも伸びる産業なのです。
しかし人手がまだまだ足りません。

 

2000年に開始された「介護保険制度」で40歳以上の方から介護保険料を徴収するようになりました。
介護が必要な方をサポートするための財源になります。
誰しも歳を取りますし、自分もいつ介護をされる側になるかはわかりません。
そのために介護が必要になっても安心して暮らせる世の中を作る必要があります。

 

日本の平均寿命は男性が81歳、女性が87歳と非常に高齢になっています。
このまま医療が進歩すれば90歳、100歳も当たり前の世の中になります。
介護の仕事はこれからも人手を必要とし、まだまだ伸びる産業だと言えます。
元気でさえいれば長く続けられる仕事です。

 

要介護者の人数は600万人近くいます。
これだけ多くの人が利用するわけですから、介護職もさらに70万人の人手を増やす必要があると言われています。

 

自分は元気だし健康にも気をつけているから大丈夫と思っていても、家族が要介護になるかもしれませんし、パートナーが認知症になるかもしれません。
それくらい誰にでも身近な問題なのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

特別養護老人ホームにかかる費用

 

特別養護老人ホーム

 

特養は国から公的な補助があるために入居費用がかからず、必要なものは介護サービスにかかる費用と生活費です。

 

介護サービス費は月2〜4万円程度です。
入居者の要介護度が高いほど費用も高くなりますが、だいたいこのくらいが基本です。
追加サービスを受ける際はその都度費用が発生します。
生活費は部屋代・食費・水道光熱費・電話代・新聞代・美容費や理容費、医薬品代などがかかります。
多い人で10万円くらいかかります。

 

特養では介護保険が適用されるので、月額でいうと6〜15万円くらいではないかと思われます。
年金でまかなえる金額なので入所希望者は非常に多いのですが、施設や人手が足りていないために待機状態の方が多いのが現状です。